live blog

▲不定期更新、公演日順に表示設定しています。 † 2018年11月よりTHE NOVEMBERSデビュー11周年イヤーにつき、過去のレポートを随時アップキャンペーン中 †

2017.08.25

ROSES
キリスト品川教会 グローリアチャペル
 
 
発表された時から、ずっとこの日が来るのが楽しみだった。
THE NOVEMBERS×教会、しかも管楽器に鍵盤という特別編成。
いい夜になるという確信しかなかった。
 
まだまだ暑い気温の中、汗を拭いながら教会へ。
会場が近付くにつれてだんだんと黒い服装の方が増えるのが少し面白かった。
 
場内には何台かカメラがあり、映像化への期待が高まる。
 
 
救世なき巣
小声は此岸に響いて
終わらない境界 
あなたを愛したい
Hallelujah(Leonard Cohenカバー)
Hallelujah
human flow
最近あなたの暮らしはどう
mer
Across the UniverseThe Beatlesカバー)
Moiré
Misstopia
今日も生きたね
 
 
SEに流れたのは、sleep well…!
ここで繋げてくるんだ!気付いた瞬間に背筋が伸びる。
静かに、そっと4人が登場。
あぁ、始まる。
 
救世なき巣
各々楽器を手にする姿を見ていき、高松さんで視線が止まる。
やばい!と興奮していると、小林さんがゆらりと手にした弓でギターを奏で始める…。
高い天井から1点の光が小林さんだけを照らしていて、浄化されていくような、とても神聖なものを見ている気持ちになった。
 
小声は此岸に響いて
やるんだろうなぁって思っていた曲。
ベースの音が深く響いて美しかった。
 
終わらない境界
優しい鍵盤の音がしたので上手を見ると、ケンゴさんが演奏してた。
教会で聴くとよりグッとくるなぁ…。
 
「じゃあ、ここで最初のゲストを呼びたいと思います。鎌野愛さんです。」
鎌野さん、真っ白なワンピースで登場。
 
あなたを愛したい
天井から吊るされていたり、スタンドで置かれていたり、様々な高さの豆電球のような照明が、流れ星のようにチカチカとついては消えて、とてもキレイだった。
 
「次はカバー曲をやります。聴いてください。」
 
Hallelujah(Leonard Cohenカバー)
ハレルヤ…!と分かった瞬間に鳥肌。
照明も絞って、後方の十字架が丸く照らされる。
 
ホーン隊を呼び込み、「じゃあ、僕達のハレルヤを聴いて下さい。」と 笑顔で話す小林さん。
 
Hallelujah
ハレルヤからのハレルヤ、素敵すぎる。
 
human flow
くるくると黒い線の影が壁一面を回っていて、まるでメリーゴーランドの中で歌っているような幻想的な演出だった。
 
最近あなたの暮らしはどう
新アレンジで!
"今すぐここで歳をとるのをやめたい"という歌詞が前向きな印象に聴こえた。
 
mer
Across the UniverseThe Beatlesカバー)
 
Moiré
手書きリクエスト以来…嬉しすぎて固まる…。
手を引いてくれるんじゃなく、背中を押してくれるような曲。
"Nothing's gonna change my world"
ビートルズのカバーと繋げているんだろうなと思って、それも素敵だった。
 
Misstopia
 
「次で最後の曲なんですけど。…実は昔、ここでやりましょうって日程まで押さえてたんですけど。『念のため音源を送ってください』って言われて、送ったんですよ。そしたら『やっぱりナシで』って(笑)ダメになったことがあって。だから今日、ここで演奏することが出来て嬉しいです。今日をずっと楽しみにしていたので、自分の楽しみのために、あなたがここに来てくれて嬉しいです。」
 
今日も生きたね
 
「ありがとうございました!」
 
挨拶をしたあと、いつも通りにはけようとするメンバーを何故か引き止める小林さん。
若干戸惑いつつ残るメンバー。
「せっかくなんで、コレ(肩を組む仕草)、やってもいいですか」と小林さん。
前に1列で並ぶのも、並び順を決めるのも、手を繋ぐのか肩を組むのかを揃えるのも、全部ぎこちなかった。
ホーン隊を列の中央へ促すケンゴさんがジェントルだった。
え、教会で?と思いつつ、嬉しそうに最後ステージメンバー全員で肩を組んで挨拶してたのが、超微笑ましかった。。
本当に楽しかったんだろうなぁ…。
 
「ありがとうございました!またいい未来で会いましょう!」
 
遠慮がちに、でも途切れないアンコールの拍手の中、小林さんだけが笑顔で現れる。
 
「あの、ありがとうございます。今日は、会場の都合で、アンコールは無いんですけど、マナーを守って、また使いたいので…皆で一緒に帰りましょう!(笑顔)…じゃあ・・帰ろう!解散!(笑)」
 
小林さんの挨拶にドッと笑いが起きる。
あれは可愛すぎる。
終了のアナウンスだけっていうのも出来たはずなのにわざわざ挨拶をしに来てくれたことが嬉しかった。
そしてマナーを守って静かに外へ向かうお客さん達。
 
 
THE NOVEMBERS「ROSES 」あっという間に終了。
本当に、夢を見てるような時間だった。
なんだか真っ直ぐ帰るのが勿体無くて寄り道して余韻に浸ってから帰宅した。
 
グローリアチャペルは天井が高くてキレイで、雰囲気がとても良かった。
特別編成も光の演出も素敵すぎて、更に大好きな曲も聴けて感激…。
高松さんのアップライトベース、めちゃくちゃ素敵だったな…今後も出番はあるのだろうか。
最後、明るい照明で小林さんの髪色が深い緑になっているのが見えた。
 
お客さんも、真っ黒な人、真っ白な人、薔薇柄の人…思い思いに着飾っていて素敵だったなぁ…。
 
素晴らしいという言葉ではおさまらない時間でした…
また次、教会で見られる日を心待ちにしておこう†