live blog

▲不定期更新、公演日順に表示設定しています。 † 2018年11月よりTHE NOVEMBERSデビュー11周年イヤーにつき、過去のレポートを随時アップキャンペーン中 †

2015.11.15

10th Anniversary TOUR -Honeymoon-
池下UPSET
 
 
THE NOVEMBERS
クララ
バースデイ
chernobyl
心一つ持ちきれないまま
裸のミンク
dnim
鉄の夢
236745981
marble(demo ver)
エメラルド
出る傷を探す血
Blood Music.1985
Xeno
Misstopia
きれいな海へ
 
en.
今日も生きたね
 
 
クララ
照明が紫のグラデーションになっててキレイだった。
 
バースデイ
4人にスポットライトが当たって、それが凄く良いなぁって思った。
 
chernobyl
心一つ持ちきれないまま
 
裸のミンク
沢山の色の照明を使っているのに全然うるさくなくて、オーロラみたいでキレイだった。
聴けば聴くほど色気というか艶のある曲だと思う。
 
dnim
確かこの曲で、小林さんが最初にギターを鳴らすタイミングでステージの天井から真っ赤に染まり始めて、イントロのギャーン!で赤一色になった。
それが凄く良かった。
 
鉄の夢
ケンゴさんが獅子舞のように頭をぐるぐると回す。
 
236745981
今日もアウトロ長め、締めの音がまるで怪物が鳴いたみたいな凄い音だった。
 
「ノーベンバーズです。今日は来てくれてどうもありがとう。」
 
「じゃあ、ノーベンバーズの一番最初の曲を聴いてください。」
 
marble(demo ver)
ケンゴさんのギターリフがキレイ。
水面みたいな照明も素敵だった。
 
エメラルド
この時も、エメラルド一色だけじゃなく青とのグラデーションの照明で美しかった。
 
出る傷を探す血
音が鳴った瞬間、ゾクゾクしてしまうほどカッコ良い。
高松さんもこの曲の時はスイッチが切り替わってるように見える。
 
曲が終わっても拍手ひとつ起こらずシンと静まり返るフロア。
福岡と同じだ。
 
Blood Music.1985
終盤の、徐々に音が重なっていくところで高松さんが弾き始める時の腕の振り方が力強かった。
 
Xeno
 
Misstopia
やっぱりケンゴさん笑ってた。
高松さんが口ずさんでた。
 
「次で最後の曲です。」
 
きれいな海へ
 
「アンコールありがとうございます。(ギターを持ち上げて)この白いギター、中学生の時にお父さんからもらったギターなんですよ。このツアーで一緒に連れて回ろうと思って。きっとお父さんも喜んでると思うし。多分、ギターをやらせようと思って家に置いていたんじゃないと思うんですよね、趣味だし。でもこのギターに出会ってなかったら僕の人生は全然違ったかもしれないですよね。…今回10th Anniversaryと銘打ったツアーなんですけど、"10年間やってきたぜ"っていう気持ちはなくて、気付いたら10年経ってて。10年続けてやろうと思ってやってないし。でも今日こうやってここに立てて、あなたに会えて。自分の楽しみのために来てると思うんですけど、自分のためにやっていたことが結果的に誰かのためになることが・・・うーん、なんか単純に『ありがとう』の5文字でいいじゃんって感じですね(苦笑)何か新しい表現で言おうとしてみたんですけど。」
 
今日も生きたね
 
「ありがとうございました。また、次会う時まで元気で。」
 
 
今日は男性のお客さんが多かった。
照明に注目して見てたんだけど、色だけでなく空間演出だなぁと思った。
全体に、ふわっとした柔らかい照明で、グラデーションっぽく色んな色で表現するのが得意なのかなぁと思った。
 
今日は麗しい高松さんをたっぷり見られて嬉しかった。
 
11月ももう半分終わり。
ライブは今日も見れて良かったし、最高だった。