live blog

お好きに どうぞ。マイペースに、更新したり しなかったり。

2017.04.22

TOUR 「美しい日」
池下CLUB UPSET
 
 
【DYGL】
噂のDYGL。
最初は音が小さくキレイにまとまってる気がしたけど、進むにつれて会場いっぱいに音が広がっていて、どの曲も良かった。
フェスとかでゆったり聴いたら気持ち良いだろうな。
ステージドリンクがお酒なのは気になったけど笑。
また是非見たい。
 
 
美しい火 / Romancé / chil / 1000年 / Sturm und Drang / 永遠の複製 / 愛はなけなし / We / 236745981 / あなたを愛したい / keep me keep me keep me / 風 / きれいな海へ/ 鉄の夢 / Blood Music.1985 / こわれる / 黒い虹 / Hallelujah / en. dysphoria / 黒い虹
 
ゆったりした感じのSE。
小林さんが左手を挙げ、SEを止める。
 
美しい火
この曲から始まるのか!
"あぁ いま僕は暗い街に火をつけた"のところで、小林さんに後ろから照明があたっていて、その効果で歌詞がとても強調されるというか独白みたいだった。
 
Romancé
同期の音が聴こえてビックリした。
頭2曲でセットリストのやばさが分かる。
耽美なメロディに身を任せる。
ケンゴさんの髪が揺れているのが見えた。
 
chil
まさかの。
照明が真っ赤で、曲のイメージとのコントラストが凄かった。
 
1000年
高松さんにスポットライトが当たる。
小林さんの声に凄みが出てくる。
 
Sturm und Drang
ひえぇやばい。。
始まった瞬間、ガッツポーズするお客さんが見えた。
4人の音が圧倒的すぎる。
曲が終わった瞬間の緊張感が凄すぎて、誰も拍手せず無音で空気が張り詰めてる感じがやばすぎた。最高。
 
まだ5曲しかやってないのにこのボリューム。
 
永遠の複製
緊張感が残る中、ギターの悲鳴がゆらりと響いた後に吉木さんのカウントでイントロへ。
 
愛はなけなし
 
We
この曲はドラムが好き。
高松さんがあのリフを弾きながらコーラスするのも見てて凄いなと思う。
 
ストロボに混じってグリーンの光が差し込む。
ストロボだけだと写真のように平面に見えるけど、そこに色が加わることで立体に感じて面白かった。
 
「DYGL、23とか4くらいなんですけど、もしその時の僕がライブを見ていたら・・・嫉妬して、悪口を言ってたと思います。(DYGLの音楽が)好きで。DYGLみたいな音楽をやりたい人って、同世代でも沢山いたと思うんですけど。でも僕らは、僕らの感じでやるんで(笑顔)。ガンガンいきます。」
 
あなたを愛したい
ふわっと、空気が柔らかくなる。
そして照明がとてもキレイだった。
最初は全体が青白くて、あれっ?て思っていたら上からスポットライトで濃いピンクが入って、大袈裟かもしれないけどまるで薔薇が咲いたように見えてとても美しいなと思った。
曲に集中している内に気付けば全体が赤ピンク色に染まっていた。
更にそこに赤のスポットライトが入っていって、歌詞とリンクするというか心の動きを表してるみたいだった。
素晴らしかった。
 
keep me keep me keep me
ギターのイントロでハッとする。
この曲の歌詞は優しくて強い。
 
風 
きれいな海へ 
 
鉄の夢
ギターのパートがないところでケンゴさんを見ていたら、弾いていないのに凄く絵になっていて。
もはや何もしなくてもステージにいるだけで成立するんじゃないかと思ってしまう存在感。
だがしかし、そんな思考をふっ飛ばすほどのギタープレイで最高にクールだった。
 
Blood Music.1985
"鋼の偶像を打ち砕く"の最後の"打ち砕く"を歌わず煽る!やばい!
フロアのボルテージがぐんぐん上がっていくのを感じる。
 
こわれる
もうすっかり"今"の曲だなって思う。
小林さんのギターが本当にチェーンソーみたいだった。
なぎ倒していくような音。
 
黒い虹
中盤で小林さんが手を挙げ音を止める。
どうやらギターがトラブったようで交換、暫しチューニングで沈黙の間が生まれる…。
合図を送り、頭ではなく続きから再開。
音も照明もバッチリで流石のグルーヴ。
小林さんはかなり悔しそうな様子だったけど。。
 
「次で最後の曲です。」
(フロアから小さく「えぇっ…!!」と声があがる)
「改めて、DYGLに大きな拍手を。かっこ良かったです。…最後の曲は、DYGLと、僕達と、あなたの、未来に捧げます。今日、ここで会えて良かったです。また、いい未来で、会えたら嬉しいです。ありがとうございました。」
 
Hallelujah
ハレツアーで毎回最初にやっていたHallelujahが、最後とは。
しかもハレツアーでは最後にやっていた美しい火がこのツアーの最初の曲だった!
やっぱりこの曲、大好きだなぁ。幸
 
「ありがとうございました。」
 
暗がりの中、アンコールの拍手が続く。
 
dysphoria
時折拍手のリズムが崩れていたので気にしていなかったら実は吉木さんが出て来ていて、突然ドラム鳴ってめっちゃ驚いた。。
音に続いて他メンバーも登場。
ケンゴさん前に出て来て煽る。
最高にかっこいい。
 
黒い虹(やり直し)
dysphoriaで終わるかと思ったら!前置きなしのやり直し!
爆音かつクールな演奏。
もう、そういうところが本当にカッコ良すぎる。
曲も勿論めちゃくちゃカッコ良かった…最高。
 
「ありがとうございました!」
 
  
初日名古屋終了。
初日の感じもありつつ、トラブルもあったりしたけれど、後半の巻き返しが凄くてまるで1日でツアー初日からファイナルまで見てしまったようなドラマ感があった。
小林さんの喉の調子が良くなさそうで心配になったけど…。
 
セットリストが選曲も流れも予測出来なくて、とても新鮮に感じた。
 
今回のツアーも信念を持ってステージに立っているのが伝わってきた。
 
照明は、さすがUPSETという感じで最高でした。
同じ色にスポットで足したり、パッと切り替えた瞬間に淡い色合いのグラデーションになったり、今回も見応えがあった。
照明に気持ちを惹き付けられる瞬間が何度もあった。
UPSETでのライブはお得感がある。
 
ステージに4人がTHE NOVEMBERSとして立つだけでもう、来て良かったと思う。
久しぶりに見る時とか、ツアーの時とかは毎回感じてたけど、今日は特にそう思った。
嬉しかった。
 
それにしてもこれが初日って、ハレツアー以上にとんでもないツアーになってる!