live blog

お好きに どうぞ。マイペースに、更新したり しなかったり。

2016.10.02

THE NOVEMBERS
11th Anniversary & 6th Album Release Tour - Hallelujah -
名古屋 池下UPSET

 


始まる前から延々とスモークが出続けているのでフロアも半分くらい煙がきてた。

 

 

THE NOVEMBERS
Hallelujah / 風 / 1000年 / !!!!!!!!!!! / Xeno / 愛はなけなし / ただ遠くへ / 時間さえも年老いて / 236745981 / GIFT / ブルックリン最終出口 / きれいな海へ / 鉄の夢 / dysphoria / Blood Music.1985 / こわれる / 黒い虹 / 美しい火 / en. いこうよ


「ノーベンバーズです。今日は来てくれてありがとう。かっこ良いライブをしますね。」
あぁもうその言葉でもうかっこ良い。

 

Hallelujah
ふんわりと4人それぞれがスポットで照らされる。
ケンゴさん微笑んでるのが見えて嬉しくなる。

 


目の覚めるような青の照明がとてもキレイだった。
照明で心が動くって、やっぱりすごいな。

 

1000年
はい、今日は白スポだったので高松さんの手元が見える見える。
しかも高松さんめっちゃ頭振ってる!やばい。

 

!!!!!!!!!!!
この曲だったか、照明が赤だけでグラデーションになっててすごかった。

 

Xeno
フロアは大熱狂の中、歌っている小林さんの表情が凄く冷静に見えた。
否定的な表現ではなく、見据えてる感じ。
ラストの爆音前の音が既に爆音。

 

愛はなけなし
音よりも言葉が前に出てくる。

 

ただ遠くへ
本当に、メロディが全部美しいと思う。
琴線に触れるというか。

 

時間さえも年老い
本当にかっこ良すぎる。
じっと正面を見つめながら歌う小林さん。

 

236745981
イントロで悲鳴のような歓声が上がる。
アウトロの音だけを結構長めに続けていて、小林さんが弾きながら天井を仰ぐ首筋がキレイだった。


「未来のことについて歌った曲をやります。」

 

GIFT

 

ブルックリン最終出口
あの頃ではない、今の彼らが演奏しているんだなと何故か強く思った。

 

きれいな海へ
音とか、声とか、とにかく愛が溢れてるように聴こえた。

 

鉄の夢
吉木さんの4カウントだけで反応する人がちらほら。
この曲は本当に全てが絶妙なバランス。
いつもは大体赤と緑の照明が同時に入るんだけど今日は最初赤で、1拍くらいのポイントで緑に切り替わって、また赤に戻って、徐々に2色が混ざり合っていって、なるほどー!と思った。

 

dysphoria

 

Blood Music.1985
歌っていないタイミングで一瞬、小林さんが視線を落としてマイクスタンドを持ったんだけど、爆音の中でのその表情と仕草があまりに冷静で、ゾクゾクした。

 

こわれる

 

黒い虹
ドラムがガツンガツンと音を刻む。


「早いもので次で最後の曲です。9/21に、Hallelujahという作品を出したんですけど、その中でも大切な曲をやります。…常に"今"じゃないですか。今が最高というか、常に今が集大成だと思ってるんで。…それをやって、帰りますわ(笑顔)。」
今日はお客さん、えー!!じゃなくてえっ…!っていう反応だった。

 

美しい火
今日は曲云々よりも気持ちが勝ってるように感じた。
強くて気高い、信念のような。

 

「アンコールありがとう。…あの、今がどうっていう話をしたじゃないですか。でも、これからなんで。世間では脱退とか、活動休止とかありますけど、僕らはまだまだこれからなので。…お互いに、狂わないで先に行きたいですよね。正気のままでもっとすごいところに、どこまでもまともなままで、すごいところに行こうと思ってます。行きたいですよね?…俺らは行くよ(笑顔)。」
※話してる内容はざっくり、文脈も自信なし。
真っ直ぐに問いかける小林さんがとても眩しかった。


「最後に1曲、爆音でやります(ニコッ)。」

 

いこうよ
爆音のイントロ。
初日もだったけど、"容赦なく"を地声で強く歌う。
"そして始まる"を歌わず、前を見つめてた。
アウトロが永遠に続くようだった。

 

「ありがとうございました。・・いい未来に、いい顔で会いましょう。その時まで元気で!」

 

 

THE NOVEMBERSツアー2本目、名古屋終了。
軽々と初日を越えるパフォーマンス。
壮大で、凄まじすぎて、何度か「ここはどこなんだろう」と思う瞬間があった。

 

今日はとにかく高松さんが頭ふり乱してて凄かった。

そしてさすがの照明、使う色数は少ないのに表現が豊か。
緑を基調にしつつ、曲によって赤と青みたいな。
あとはひたすらスモーク・・・凄すぎて、何曲か小林さんしかステージに見えないみたいな時があった(笑)

 

ツアーを見て改めて、Hallelujahは名盤だと思う。
そしてこれはとんでもないツアーだ、この勢いだとファイナルどうなっちゃうんだ。