live blog

▲不定期更新、公演日順に表示設定しています。 † 2018年11月よりTHE NOVEMBERSデビュー11周年イヤーにつき、過去のレポートを随時アップキャンペーン中 †

2015.11.02

10th Anniversary TOUR -Honeymoon-
 
 
ネムーン初日。
安定の雨予報で、朝から見事にザンザン降り。
夕方前には上がっていたけど。
 
白い幕でステージを台形に仕切っていた。
 
 
THE NOVEMBERS
クララ
バースデイ
chernobyl
心一つ持ちきれないまま
裸のミンク
dnim
鉄の夢
236745981
marble(demo ver)
エメラルド
出る傷を探す血
dogma
Blood Music.1985
Xeno
Misstopia
きれいな海へ
今日も生きたね
 
 
クララ
イントロの音をSEにして。
ゆったりと歌い上げる。
 
バースデイ
ふと小林さんの表情が誇らしげに見えた瞬間があって、胸がアツくなった。
 
chernobyl
ゆったりと歌い出す小林さん。
大好きな曲だから、嬉しい。
 
心一つ持ちきれないまま
 
裸のミンク
高松さんがコーラスというよりほぼツインボーカルで、贅沢だなぁと思った。
照明も虹色の光がくるくると回っていてキレイだった。
 
「ノーベンバーズです。今日は来てくれてどうもありがとう。」
 
dnim
鉄の夢
236745981
 
「ノーベンバーズは今年10周年なんですけど、10年続けようって思って続けたわけではなくて気付いたら10年経っていたというか。仲良く・・・仲良くない時期もあったし(間をおいてからフッと笑う)。」
 
「今日、帰る時に…お知らせと、僕らのdemo-1(いち)っていう最初の音源を…プレゼント、するので。良かったらもらって帰ってください。」
 
「ノーベンバーズの最初の曲を聴いてください。」
 
marble(demo ver)
不意打ちすぎて一瞬曲分からなかった。
demo verをライブで聴くと少し胸が苦しくなる。
 
エメラルド
照明はもちろんエメラルド色。
穏やかな愛の歌。
 
出る傷を探す血
個人的に、Eleganceの中でドラムが一番好きな曲で楽しみにしてた。
吉木さんばっかり見てたんだけど、後半でふと高松さんを見たらクールな表情でめちゃくちゃスラップしてて心の中でワー!!て叫んだ。
何でしょうか、あれは。
かっこ良すぎて震えた。
 
dogma
Blood Music.1985
Xeno
 
Misstopia
ミラーボールの小さい光粒がフロア全体に舞って、飲み込まれてるようだった。
 
きれいな海へ
MVにも使われている男女の映像をバックに。
目の前にいるノベンバも含め、スクリーンを見ているようで不思議な感覚だった。
 
「まだ11月は始まったばかり、お互い良い11月にしましょう。」
 
今日も生きたね
 
「また会う時まで、お互い元気で。」
 
 
TOUR -Honeymoon-、初日終了。
音源を聴いて想像していた以上に、見所たくさんで、結構ベースが主役な気がした。
本当に、THE NOVEMBERSに出会えて良かった。
 
帰路、安心したかのようにしとしとと雨が降ってた。
 
そしてお知らせ。
まさかのGARAGEでの裏ハネムーン発表。
10年前に初めてTHE NOVEMBERSとしてステージに立った場所。
しかもセットリストも本ツアーとは違うとか。

さぁ、11月は忙しくなるぞ