live blog

▲不定期更新、公演日順に表示設定しています。 † 2018年11月よりTHE NOVEMBERSデビュー11周年イヤーにつき、過去のレポートを随時アップキャンペーン中 †

2015.03.28

IMAIKE GO NOW 2015
名古屋 BOTTOM LINE他
 
 
THE NOVEMBERS】会場:3STAR IMAIKE
Misstopia
Rhapsody in beauty
鉄の夢
Blood Music.1985
Xeno
 
en.
今日も生きたね
 

転換終わるまで黒幕がされていたんだけど、幕の向こうからゴゴゴと轟音が鳴るからにやける。
リハ終わりで、小林さんがギターで音の粒達をループさせる。
 
しばらくして照明が落ち、黒幕が開く。
扉の奥からメンバーが現れると拍手が起こる。
 
「最後にここを選んでくれてありがとう。ノーベンバーズです。」
 
Misstopia
今日は優しい始まり。
昨日とは違った特別な空気を感じた。
 
Rhapsody in beauty
うっすらとケンゴさんが音を鳴らしてから、イントロに繋ぐ。
この曲大好きなので、聴けて嬉しい。
コーラスの入るタイミングとか、メロディがキレイなところもたまらない。
 
鉄の夢
最近dogmaよりもメキメキとライブで良くなってきている気がする。
小林さんのキレも増してる。
ストロボと同時に、大量のスモークが出される。
 
Blood Music.1985
髪をかき上げながら歌う小林さん。
この曲だったか、歌の途中で小林さんが突然マイクから離れてアンプに向かう。
吉木さん・ケンゴさんも一瞬小林さんの方を見る。が、音は止めない。
高松さんに至っては音を止めないどころか小林さんがマイクに戻ると同時にすっとコーラスに入るあうんっぷり。
4人の絆というか、何が起きても大丈夫なんだなーって一人で感動してしまった。
 
Xeno
ふとケンゴさんを見たら「ここまで来い」と口ずさんでいてドキっとした。
最後はもう音の壁というか、バキバキだった。
 
アンコールで再び出てくるメンバー。
 
「遅い時間まで、ありがとうございます。自分達のことなんですけど、4月2日にクラブクアトロでワンマンライブをやります。ボトムラインの方でチケットを売っているみたいなので、また縁があればそこで会えたら嬉しいです。…あの、今日のイベントにキングブラザーズとオウガが出てるじゃないですか。僕、特別見たかった2バンドだったので正直『そりゃないぜ』って思ったんですけど(笑)でも、この会場のトリを任せてくれたっていうのは、おこがましいけれど僕達に期待をしてもらっているのかなと捉えています。その期待に応えたいなっていう気持ちをこめて、最後に1曲やります。本当に、遅い時間までありがとうございました。」
 
今日も生きたね
言葉を大切に歌う小林さん。
本当に高松さんのコーラスはキレイ。
 
 
改めて、こういうライブが出来るのはTHE NOVEMBERSの魅力だと実感した。
今日も見れて良かった。