live blog

お好きに どうぞ。マイペースに、更新したり しなかったり。

2011.05.19

SHELTER presents "第二回弾き語らNIGHT" ~SHELTER 20th Anniversary~

下北沢SHELTER

 

 

第2回弾き語らNIGHT。
前回に続き素敵なメンツでSOLD OUT。

私は何より飯田さんの弾き語りが見たすぎた。

 

 

佐々木亮介(a flood of circle)】
「僕、暗いんで。服も真っ黒だし。今日来て2人の爽やかさにびっくりしましたけど(笑)爽やかなのを求めて来た人には申し訳ないです。」

 

佐々木さんは謙遜とも自虐ともとれるようなMCが多かった。
でもバンド5年の節目でリリースするアルバムの話をした時に岡庭さんの失踪のことに軽く触れて、シーンとしたら「ここ笑うとこだよ。そろそろ笑ってもらわないと。」って言ってて苦しくなった。

その流れで、失踪後のレコーディングの時にフォズ竹尾さんがギターを弾いてくれた『アンドロメダ』を。

そして『コインランドリー・ブルース』。

 

「少しずつ前を向けるようになってきた」っていう言葉が聞けたし、好きな曲が多くて嬉しかったけど、やっぱり残るのは悲しみだった。

 

 

【飯田瑞規(cinema staff)】
飯田さんは緊張しているようで「手汗がすごい」と言っていた。
でも持ち前の愛嬌でお客さんを一気に引き込んでた。
相変わらずずるい人だ。

 

一番最初にやった曲が素敵すぎてやばかった。

「本物は50倍良いです」と言いながら来月出るアルバムからも新曲やってくれた。

「名古屋で弾き語りした時に風邪引いちゃって歌えなかった曲があるので…」と『スワロウテイル』をカバー。

 

MCでは佐々木さんの真似をしたりしてた。

 

 

【渡會将士(FoZZtone)】
渡會さんは、さすがの安定感。

1曲の中でスタンドバイミー、浜田省吾…と展開したり、MCも【天才】というキャラ(笑)で通していて面白かった。

アンコールでは竹尾さんも参加して演奏してた。