live blog

お好きに どうぞ。マイペースに、更新したり しなかったり。

2010.09.11

cinema staff

Blue, under the imagination Release Tour ~想像上の辻~

仙台MACANA

 

 

仙台、ハイスイノナサ・mudy on the昨晩・THE NOVEMBERScinema staffと最高のメンツ。

三島さんいわく『ラス3(辻ツアーラスト3本)』。

 

 

ハイスイノナサ
ハイスイは、渋谷での残響祭以来。
その時も終わり際にチラリと見ただけだったので今日見れるのが楽しみだった。
変拍子の嵐にふわふわゆらゆらしたメロディで、とても心地良かった。
鍵盤の上で踊る指に見とれてしまった。
また是非見たい。

 


【musy on the 昨晩】
ムー昨も久しぶり。
ワティさんのテンションが高くて踊りまくってた。
お客さんもすごく盛り上がってて楽しかった。
言うまでもなくパウゼが一番盛り上がってた。スーパーパウゼタイム。

 


THE NOVEMBERS
I’m in no core
こわれる
sea’s sweep
dysphoria
dnim

 

「さっき、あそこのアーケードをずっと歩いてたんですけど、今日は音楽祭なんですね。『メタル一筋20年』っていう感じのおじさん2人がデュオでフォークギターを弾いていて…”髪を切らなくて良かった”って多分歌ってたと思うんですけど。それを見て、負けてられないなと思いました。とんでもないものを見てしまったぞと。4人だからバンドじゃないんですよ、髪が長いからメタルじゃないんですよ…2人だからユニットじゃ・・・こんなことが言いたかったんじゃないんですけど。今日は、言いたいことがあって………cinema staffの三島君のことなんですけど。僕は三島君には硬派でしっかりしたイメージがあるんですけど…今もそのイメージは変わらないんですけど、彼はすごく天然なんですよね。シネマと一緒にツアーを回っていて嫉妬を覚えることがあるんですけど、シネマは全員面白いんですよ。しかも彼らは生れつき面白いんですよね、僕らは生れつき面白くないからある程度技巧をして面白いんですけど。天然か養殖かっていうことですよね。僕もなるべく考えないで喋るようにしてるんですけど。その中でも特にみっしー、三島君は天然中の天然で。結構横文字を使うんですよ。柏だっけ?”ユニティー”って言ってて。(おもむろに自分のマイクを三島さん風にぐいっと曲げる)『あのぉ、僕らノーベンバーズとこうやってユニティーしてるんですけど。』…何だそれ(笑)って、昨日も『なんか、すごいエモーショナルです!』って。何だそれ(笑)お客さんの反応はイマイチだったんですけど、僕と高松君からしたらもう何を言っても面白いんですよ。」


「じゃあ最後1曲聴いてください。」


バースデイ


小林さんの喉の調子が悪くて、ちょっと心配だった。
それにしても小林さんは笑いに貪欲だな。

 


cinema staff
シネマは今日も最高でした。
セトリはほぼ変わらないけど、飽きない。


君になりたい はどんどん曲の魅力が大きくなる。
飯田さんはついに「もう…物販の話とか、どうでもいいんですけど」ってノベンバの話してた。
すごく慕われてるなぁって、思った。

 


地元仲間のムー昨もいるから気合いが感じられた。
最高の夜でした。
あっという間すぎた。


4バンドだったから各バンドの持ち時間は短かったけど、どのバンドも本当にかっこ良かった。
小林さんの三島さんモノマネも見れたし(笑)
仲良しって良いことだ。

もうワンマン除くとあと千葉だけか。
ツアー終わってしまうの、寂しいなぁ。。