live blog

お好きに どうぞ。マイペースに、更新したり しなかったり。

2010.09.01

cinema staff

Blue, under the imagination Release Tour ~想像上の辻~

横須賀 かぼちゃ屋

 

 

かぼちゃ屋初めて行ったけど、中入ってステージ低っ!と思ったらステージとフロアの段差が無かった。
冊も無し。
そしてトイレがステージの後ろにある笑。
今日は使用禁止になってたけどきっと使える日の方が少ないと思う。
そして楽屋もドリンクカウンターから丸見え。すごい。



【静カニ潜ム日々】
声がとにかく良くて、UNCHAINの谷川さんみたい。
ベースがにこにこしながら演奏してるのが印象的だった。
曲は繊細で、大胆で、綺麗で、強くて…ひとつのイメージにまとまらない。
地元を愛してるんだなっていうのがすごく伝わってきた。
最後に、辻さんがブログで好きって書いてたideaっていう曲だったと思う。

 


THE NOVEMBERS
こわれる / Arlequin / ウユニの恋人 / アマレット / dysphoria / dnim / バースデイ / 白痴


こわれる
Arlequin
久しぶりのこわれる→あるるの流れにアガった。
やっぱ最強。

ウユニの恋人
アマレット

「…先生に教えてもらったABC…恋の123…今日はケンゴ君がロックの何たるかを教えてくれます。」


dysphoria
そんな感じのMCでdysphoriaへ!
ケンゴ先生!って心の中で呼んだよね笑。
もうケンゴさんに触れる時点でこの曲って分かるからニヤニヤしてしまう。
本当にこの曲のイントロやばい。


dnim


「何ですかね、暑いです。何ですか?何ですかこれ。笑…素直にありがとうと言えないです。ありがとう、暑いです。ちょっとこれ(シャツ)もレザーみたいに…」


今日は高松さんにもMC振ってた。


小林「高松君、横須賀の思い出何かある?」
高松「んー、外人さんが多いですね。ハーフの…」
小林「ん?ハーフの外人?それはおかしいな。笑」
高松「あの、女子高生が…。」
小林「女子高生、挑発的だったね」


グダグダだったけど、横須賀は外人が多くて女子高生がとにかく挑発的(小林さんがやたら強調していた)だった、とのこと。

「近くに、誕生日だった人(三島さん)がいるので、バースデイという曲をやります。」


バースデイ

白痴
最終的に小林さんは高松マイクで歌ってた。
途中ギターも持ってなくてハンドマイクだったんだけど、持ち直してた。
ケンゴ先生は前に出てきて犬みたいに頭ぐわーって振るから、汗が最前の子達に相当飛んでた。

今日は全体的に、楽しそうで良かった。
小林さんちょっと眼が座ってて心配だったけど楽しそうだった。


小林さんはなんであんなに綺麗なんだろうか…ライブになると少し人間臭くなるけど、とても人には見えない。


cinema staff
転換でメンバーがサウンドチェックしてる時に久野さんがIGGY POP FUNCLUB(NUMBER GIRL)叩いてた!
しかも三島さんも乗っかる!アガったっす。
そういうの、良いよね。楽しいよね。

どうやらかぼちゃ屋でやりたかったからツアーにもお願いして組んでもらったそうで、メンバーのテンションがすごく高かった。
特に飯田さん。
顔真っ赤にしてシャウトしまくり、歌い上げまくり、MCも多めだった。
しかもソールドしてたから嬉しかっただろうな。

三島「ここ、ステージの段差も柵も無いじゃないですか。お客さんと同じ高さで出来るって、良いですよね。僕ら普段ライブやるとこって柵があるので…いつもより伝わってる気がします。ありがとう。」
飯田「あの、これ、新しいギターなんです(と言って持ち替えたギターを掲げる)なんで今言ったかっていうと、僕twitterやってないんで、こういう時に言わないと誰にも知られずになってしまうから…。僕twitter恐怖症なんですよ。いつも久野君に色々教えてもらってます、車内で。」


それから数曲後。

 

飯田「あの…ギター戻しました。今日すごく高揚していて…もし(新しい)ギターが折れたら泣いてしまうので…。これ(戻したギター)ならもう1回折れてるから…。お酒…お酒がなくてもこんなに楽しいです。皆さんも自由に楽しんでもらって良いんですけど、自分的には今日は暴れるのが良い楽しみ方じゃないかなって思います。」

アンコールにて。


辻「ありがとうございます。皆さん、かぼちゃ…好きですか?僕は、今日かぼちゃ屋でライブだから昨日の夜、かぼちゃの煮物を食べました。おかげで良かったと思います。ずっとかぼちゃ屋でやりたかったんですよ。今日は静カニとノベンバーズと3マン出来て嬉しいです。ありがとうございます。」


曲に行くと思ったらベース機材がトラブル。


すると飯田さんが「じゃあいつか言おうと思ってたことを今言っても良いですか?」と、ボウリングでの高松さんのハイテンションっぷり(両腕を挙げて喜ぶ)をジェスチャー付きで報告して、「本当に…スタイルの良い先輩だなって思いました。」と言っていた。


そして機材が復活したところでアンコール2曲。
白い砂漠のマーチ(新曲)とKARAKURI。

今日はシネマほとんどにやけ顔で見てた気がする。
すごく良かった。
とにかくかっこいい、かっこいい。

Wアンコールの拍手も起こってたけど、飯田さんが「今日はこれで終わりです。ありがとうございました。」って言いに出てきて終了。
お疲れ様でした。

 


ちなみにWikipediaのノベンバのページ、ケンゴさんのとこに『cinema staffの辻とは親密な仲』って書いてあるらしい。
いよいよ公認カップルになる日も遠くない…。笑