live blog

▲不定期更新、公演日順に表示設定しています。 † 2018年11月よりTHE NOVEMBERSデビュー11周年イヤーにつき、過去のレポートを随時アップキャンペーン中 †

2008.06.28

"TOUR parallel park" わくわく編
宇都宮HELLO DOLLY
 
 
宇都宮まで愛に・・・もとい、会いに行ってきました。
なかなか個性のある都市でした。
 
"TOUR parallel park" わくわく編
"picnic" release tour "kowarenai"
前者はtacicaのツアータイトル、後者はTHE NOVEMBERSのツアータイトル。
あたしはもちろん後者の方で。
チケットを譲ってくれたあなた、本当にありがとうございました。
本当に行けて良かったです。
 
宇都宮に到着!
小林さんと高松さんの地元。
目に入ってくるのは『餃子』の文字ばかり。
駅からバスに揺られること約10分、歩くこと約10分で到着。
商店街みたいな通りの中にあった。
 
入口で目当てを聞かれ、ノベンバと答えつつ集計ノートをちら見。
tacicaのツアーだからやっぱりtacicaが多い。
でもノベンバも負けてなかった。
 
入ってすぐ、もうステージが見えてる(笑)せまっ!
フロアがとにかく狭い。
これ200は無理じゃないかなと思ったらキャパ150だそうで。
PA卓も物置みたいな感じで極狭。
ステージ寄りの右上にミラーボールがあった。
 
ステージには、工事現場にあるようなバサバサな素材のシートがシャワーカーテンのようにかけられててセッティングが見えない。
明らかに手動だからどうするんだろうと思ってたら箱のスタッフさんがPAとコンタクト取りつつ1回ずつ開けて閉めてしてた。
結構古いのかと思ったらsince1999って書いてあった。
よくよく見ると壁とかもキレイ。
 
 
【SHIT HAPPENING】
地元のバンドらしい。
曲はメロパンクな感じだったけど、今日のメンツと似たベクトルを感じた。
聴きやすかったです。
 
「物販は後ろの分かりづらいとこにあります(笑)CDも、今日やってる曲が多く…いや、ほとんど入ってるな、良かったら見てってください。」
 
 
転換が見れないので音で判断。
あ、でもピープルは全日程のゲストだから次はノベンバか。
と気づいてしまってからは心の準備。何
今日もドラムが最後までチェックしてた。
 
 
照明が落ちてSEが流れてカーテンが開き、扉の向こうからメンバーが。
SEを止める小林さん。
 
「ザ・ノーベンバーズ始めます。」
 
こわれる
 
Arlequin
音の厚み、重みが増してる。
小林さんの声も強くなってる。
ツアーってすごい。
 
ケンゴさんを見てたんだけど。
し び れ る。
カッコ良すぎてぞくぞくする。
 
僕らの悲鳴
ライブで初めて聴いた。
 
「…(出身高校)が共学になるって本当ですか?僕と高松くんは3年間、そこに監禁されて(笑)…それが僕のトラウマ的要素を形成したんですけど。共学になるっていうのはそういうのが引き継がれないということで、不公平ですよね、平等じゃないですよね(笑)ケンゴくんは6年間男子校でした。平等じゃないですよね。…6月4日に、そんな男子校バンドがアルバムを出したんですけど、タシカとピープルインザボックスと一緒にツアーを回っていて、TシャツとかCDとか置いてあるので帰りに見て、気に入ったら持って帰ってください。そのツアーファイナルとして東京なんですけど下北沢シェルターでやります。チケットはもうあんまり無いみたいなんですけど、なぜか僕らの手元にチケットがあるので気になったら買って、来てください。」
 
ガムシロップ
小林さんの髪型、ふわふわしててシルエットがジャケットの木みたいだなぁって思いながら見てた。
 
she lab luck
サビでケンゴさんが頭ぶんぶんして、汗がぱぁって細かくずっと散って霧吹きみたいになっててキレイだった。
 
「あと2曲になります、ありがとうございました。」
 
バースデイ
白痴
 
てっきりpicnicが聴けると思ってたけどやらず。残念。
全体的にすごく安定したライブだった。
土台がある感じ。
 
帰って行く時、扉まで行った小林さんがふっと振り返って、ピック投げた!
ピック投げた!(2回目)
びっくりした。
 
 
はじまりの国
6月の空を照らす
失業クイーン
新曲(月曜日消失)
新曲
She hates December
ペーパートリップ
 
 
中山さん脱退後初のピープル。
 
ピープルは転換の時からBGMで空気を作ってるからすごく心地いい。
瞑想できそうなSEも好き。
でもSEが流れる前にBGMが止まって30秒くらいしーーんとなったんだけど、扉の向こうから大吾さんらしき「ぅおい!!」っていう気合いの声が聞こえてきてみんなでクスクスしてた。笑
 
大吾さんノベンバT着てた。
 
はじまりの国
6月の空を照らす
失業クイーン
 
波多野「宇都宮初めて来て、さっき散歩したんです。JAZZ通りって…本当にJAZZなんですかね(笑)ニューオリンズみたいな感じなんですか(笑)」
大吾「(マイクトラブルが起こる)いきなりトラブル(笑)きたきたきたー!今日は沢山の人に見に来ていただいて、きてるきてるー!あ、これノーベンバーズのメンバーにもらいました。僕昨日誕生日だったんですけど、プレゼントにもらいました。タシカとのツアーも今日が最後ということで、寂しいです!僕らは30日に大阪のイベントに出るので、大阪近いので良かったら来てください(笑)物販の方もいつも通りあちらの方で販売しておりまーす!(フロアの笑いに対して)ん?どうした?」
 
新曲(月曜日消失)
この曲、首の時にやってた排水溝の中をラクダで会いにいくっていう歌詞の曲だった☆
 
新曲
リズムのおもしろい曲だった。
 
She hates December
ペーパートリップ
好きな曲続きで嬉しかった!
 
わがままを言えばAliceも聴きたかったな。
波多野さんが最初の方から何度も前に出てきて、楽しそうだった。
 
 
tacica
人間1/2
わぁっと上がるお客さん達の手を見ながら、人気を実感。
 
「タシカです。今日は来てくれてありがとう。ありがとう。本当にありがとう。」
 
猪狩さんに振られてグッズの紹介をする坂井さん。
坂井「えっと、タシカです。…まずは、タオル(座ったままタオルを上に掲げる)…そしてTシャツ(立ち上がって後ろのプリントを見せる。フロアからはおぉーっと声が)あとはキャップもあります。…以上…です。笑」
 
「今回のツアーの本編は今日が最後です。夏も色々とイベント出るので来てください。」
 
アンコール
 
HERO
 
 
充実感と代官山への期待で胸いっぱい。
愛をもらった宇都宮の夜でした。