live blog

▲不定期更新、公演日順に表示設定しています。 † 2018年11月よりTHE NOVEMBERSデビュー11周年イヤーにつき、過去のレポートを随時アップキャンペーン中 †

2008.04.19

THE NOVEMBERS PRESENTS 首 Vol.6
 
 
はい。
 
発表されてからずっと、ずっと、ずっと(しつこい)楽しみにしてた。
メンツも最高だし、とにかく楽しみでしかなかった。
好きなバンド同士が仲良しっていいことだよね。
 
ぽつぽつ降る小雨の中を、シェルターに向かって歩く。
初めて歩く道の中でふと、ある喫茶店の文字が目に入り一瞬立ち止まる。
『洋菓子のお店 Arlequin(アルルカン)』
ノベンバの曲にも同じ名前の曲がある。
もしかして・・・。
1秒しないくらいの一瞬でそんなことを考えてまた歩きだした。
 
 
水面上のアリア
6月の空を照らす
新曲
ブリキの夜明け
始まりの国
Alice
ペーパートリップ
失業クイーン
 
 
SEが流れて、メンバーが出てくる。
 
水面上のアリア
これで始まるのは珍しいと思った。
 
6月の空を照らす
 
そして新曲!!
"排水溝の中でラクダに乗って君に会いにいく" っていう歌詞で、かわいらしいなぁって微笑んでしまった。
 
曲終わりのチューニングで沈黙が続き、波多野さんがMCしないの?的に大吾さんを見る。
それに気づいたのか、立ち上がる大吾さん(笑)
 
大吾「きてるきてるー!いやー人がすごいねー。きてるきてるー!(笑)えー、ピープルインザボックスでございます。えー喋ることはないんですけど(笑)今日は首という、なんとも恐ろしいタイトルですけれども(笑)個人的にスリーピーとやるのはこれでさん!(ナベアツ)回目なんですけど(笑)今回新しくTシャツを作りまして。ここにキリンがいち、に、さん!匹いるんですよ(笑)今度ろっぽんぎ!に、ブルーマンっていうさんにんぐみ!のショーを見に行くんですけど(笑)」
 
フロア大爆笑。笑
最初勢い良かったのに、だんだん声が小さくなっていくのがかわいらしかった。笑
 
ブリキの夜明け
始まりの国
Alice
 
大吾「きてるきてるー!(笑)僕ら明日もライブなんですよ。色んな人が出て、フェスみたいなイベントなので良かったら来てください」
 
ペーパートリップ
やっぱりこの曲かわいくて好きだなぁ☆
 
失業クイーン
 
大吾さん帰っていくときも「きてるきてるー!」て言ってた(笑)
ちょっとしのっぴみたいだと思った。笑
やっぱり今日も中山さんだけ汗だく。
そんな中山さんが好きです。
 
 
もうピープル終わった時点で満足度高い。
 
 
sleepy.ab
ピープルもノベンバきっかけで知ったバンドなんだけど、実はスリーピーを知ったのもノベンバきっかけで(笑)
小林さんが好きだってブログで書いてて気になって。
今日がすごく楽しみだった(≧ω≦)
 
セッティングでメンバーが出てきたとこからずっと成山さんだけ見てた。
成山さんはボーダーのイメージが強いんだけど、今日もボーダー。
呼吸して胸のとこが上下するのを見て、『あぁこの人は生きてるんだなぁ』って思って。
語弊があるかもしれないけどPVとか見続けてると成山さんがアンドロイドみたく思えてきて。
本当に存在するのか、みたいな。
だからなんか目の前で作業してる姿を見るだけで感動をおぼえた。
 
ライブ映像で見て知ってたんだけど、ギターが終始座ったままというスタイル。
袖にはけないでそのままスタートしたんだけど、鳴り始めたSEを成山さんがソッコーでストップかけたのが面白かった(笑)
 
なんとなく
1曲目、何やるのかなって思いながら成山さんを見つめる。
音が無い中すぅっと息を吸って、歌いだす。
『なんとなく悲しくて なんとなく楽しくて なんとなく生きている 自由のせいにして』
1曲目から泣きそう。
 
メロディ
 
田中「札幌から来ましたスリーピーといいます。ノーベンバーズとは大阪で一緒にやって。」
成山「告白しあったんだよね。『好きです』って(笑)」
田中「ノーベンバーズって何て呼んだらいいんだろうね?ノーベンバーズ?ノベンバーズ?」
成山「ノーベンバーズって呼んでくれたら嬉しいって言ってたよね」
田中「でも自分達はノベンバーズって言うよね。笑」
 
田中「こういう、バンドのつながりっていうか、友達がいないんですよね僕。なんですかね…。消極的だから行けないんですよね。だからノーベンバーズはぐっときてくれて嬉しかったです。縁があるんだなと思いました。」
成山「またやりたいね。じゃ今度は札幌に呼びます。」
田中「今日はノーベンバーズと…」
成山&田中「(同時に)ピープルインザボックスと」
田中「ちょっと、タイミング考えてよ。」
成山「…はい。笑」
その後もウダウダとふたりのやりとりが続く(笑)
津波「もうそれ後でやってくれる?」
 
ねむろ
最後の最後、音だけになるとこで山内さんが立ち上がってドラムの方を見ながら弾いてた。
 
曲が終わった後もずっと拍手が止まなくて、メンバーが機材かかえて出ていく時にまた拍手起こってた。
 
成山さん、「喋りかけてくれればめちゃくちゃ喋りますよ。引くくらい喋ります。」って言ってて、喋ると少し雰囲気が変わる気がした。
MCが終わって、歌に行くときにすっと目が変わる。
まばたきがゆっくりになって、マイクを見ながら歌う。
いつまででも見てられる。笑
津波さんのドラムも、いい意味で機械的で好き。
 
いやーーー。
完全に持ってかれた。良すぎた。
 
 
chernobyl
she lab luck
ブルックリン最終出口
ewe
こわれる
Arlequin
白痴
 
en.
バースデイ
 
en2.
ガムシロップ
 
 
さてさてさて!!いよいよノベンバ、心臓もドキドキしてくる。
 
chernobyl
 
she lab luck
イントロから全然違った。
吉木さんを見ながら、この曲のドラムこんなリズムで叩いてたんだって初めて気づく。
最後小林さんギターぶぉん!って持ち上げて前に来た。
 
携帯でフルダウンロードして、寝る前に毎日聴いてた曲。
胸がきゅっとなる。
 
ブルックリン最終出口
曲の途中でセリフというか、喋るとこがあってちょっとびっくりした。 
こういう曲もやるんだ。
 
ewe
こわれる
 
Arlequin
ケンゴさんのギターの弾き方がかっこよすぎてやばかった!!
 
小林「MCするのを忘れたので少し喋ります。ピープルもスリーピーも大好きなバンドで、一緒にできて嬉しいです。縁があるんだと思います。ピープルは、ボーカルの波多野くんはすごい少年のような目をしていて。曲も少年のような感じだなって。(会場に起こった笑いに対して)え、笑うとこじゃないでしょ(困笑)。スリーピーは、成山くんが、少年のような目で(会場再び笑う)え、なんで笑うんですか(顔に手をやりながらすごい困笑)僕もそうありたいなと(前髪で目を隠しながら)思います。(数人笑う)…それは僕がそうじゃないってことですか(笑った後にふっと真顔になる)。6月4日に1st フルアルバム、ピクニックが出ます。今日やった曲も色々入ってます。それにともなってツアーもやります。ピープルとはツアーも一緒に回ります。7月13日にワンマンここでやります。(振り返って吉木さんにチケットあるのか確認)今日チケットあります。(アルバムより)先に販売するみたいです。」
 
白痴
最後ケンゴさんが前に来て、ドラムのスティックでバイオリンみたくギター弾いてた。
 
アンコール1
高松さん・吉木さんの仲良しコンビが先に出てきて小林さんマイクでトーク
夫婦漫才みたいだった(笑)
 
高松「アンコールありがとうございます。」
吉木「アンコールありがとうございます。おととい大阪でライブで、昨日戻ってきたんですけど。Tシャツを洗う暇がなくて。」
高松「吉木くんTシャツこれしか持ってないから」
吉木「だからこれは汗なのか何なのか・・・」
高松「(さえぎって)そこの物販でグッズ売ってるので良かったら。笑」
 
バースデイ
小林さんが曲紹介をすると、フロアからわぁっと小さめの歓声が起こる。
その反応にびっくりしながら少し笑う小林さん。
 
アンコール2
あたしも含め全員が終わりだと思ってたんだけど会場が明るくならないので、みんな『ということはダブルアンコール?』みたいな笑いが起こりつつアンコールの拍手をする。笑
そしてすぐ出てくる高吉コンビ。笑
 
高松「アンコールありがとうございます。」
 
吉木さんが喋ろうとすると機材がキーンって鳴る。
ちょっと変な空気になる2人。笑
「今度はもう余計なこと言いません。」 と、ドラムに向かう吉木さん。
「でもこうやってマイクに向かうと緊張してドキドキするんですけど…助けて」と、高松さんが喋ってるので戻ってきた吉木さんに助けを求める高松さん。
あの高松さんの助けてはきゅんきゅんした人多いはず。何
 
吉木さん7月のツアー告知をしていた気がする。
途中から、横に小林さんが来てじーっと吉木さん見てた(笑)
それに気づかず喋りきってドラムに戻る吉木さんをひたすら見つめる小林さん。笑
 
小林「アンコールありがとうございます。こんな遅い時間までありがとうございます。年をとったなと思うのはこういう時で。・・・限界です(笑)アンコールをもらうのは嬉しいんですけど、っていうか嬉しいしかないんですけど。頑張ります。ザ・ノーベンバーズという名を語り活動をしてまいったんですけど、今のメンバーになって初めて作った曲をやります」
 
ガムシロップ
ライブかネットか忘れたけど、聴いたことあった。
この曲も好き。
 
 
やっぱりノベンバ大好き。
お客さんがものすごくおとなしくて、というか反応する人がいなくていまいち盛り上がってる感はなかったんだけど。
 
このライブを見てて、フェスでのノベンバを見たくなった。
きっとフェスではお客さんの反応も違うんだろうし。
これからノベンバも環境が変わってくるんだろうな。
 
いいライブが見れて、幸せな気持ちで帰りました。