live blog

お好きに どうぞ。マイペースに、更新したり しなかったり。

2005.12.13

LIVE TOUR 005 "ИATURAL" supported by MATCH ~追加公演~
 
 
行ってきました!!横浜アリーナ!!
入ってみると、天井には網で束ねられた沢山の白い風船!!
そして、今日のライブはBSで放送されるということで、カメラもいっぱい。
わくわくしてくる。
 
 
BETWEEN / Winter Winner / 夢人 / 盃Jammer / ZUNG ZUNG FUNKY MUSIC / CRAZY BAND / HYSTERIC TAXI / sunrise / 雨 / U topia / yumekaze / en. ラヴ・パレード / キズナ / Иatural Pop
※覚えている曲だけ/順番は自信なし
 
BETWEEN
しょっぱなから、やぁまのシャウトが最高でした☆
 
Winter Winner
ヒロキのコザックジャンプが初めて見れた☆
 
夢人
 
ヒロキ「ここからの景色、すごいね。皆がイソギンチャクにしか見えない(笑)。まぁ、今こうやってライブできるのも素晴らしいことなんだけど、ヤマちゃんと涼ちゃんは将来何になりたかったの?」
涼「涼ちゃんはねー(会場 ギャー!!笑)」
ヒロキ「お前そんなキャラじゃないだろ!」
涼「(笑)俺はねー、マジメに・・・パン職人(会場 笑)」
ヒロキ「この長いツアーの中でそれが一番ウケたよな。ヤマちゃんは?」
やぁま「俺?俺はねー、・・・」
ヒロキ「TVだからおもしろいこと言えよ」
やぁま「(考えこんで)…さしみ屋さん(会場 笑)」
涼「ヒロキは?TVだからおもしろいこと言ってよ」
ヒロキ「(なにかたくらんでる顔で考えて・・)トリ・・・鳥になりたい!大空をはばたく鳥になりたいっ!!♪鳥よ~鳥よ~♪(やぁまもハモる 笑)」
ヒロキがすごいテンションでおもしろかった。
そしてヒロキが「じゃあナオトは何になりたかったの?」と言うと、ナオト「・・パティシエになりたいなぁー」で曲へ♪
やぁまのパートの歌詞が、ステージ上のスクリーンにテロップで出てた!
 
ヒロキ「こんなに人がいるなんて、すごいですねー。色んな所でツアー回ってて、本当に"ИATURAL"をちゃんと聴いてもらってるんだなって。皆うたってくれるんですよ。俺達が噛んでも、飛ばしてもみんなが歌ってくれるから助かる(笑)ほんと皆からパワーをもらってます、ありがとう。」
  
盃Jammer
急にスクリーンに"低音一家"の文字が!!
えー!?と思ってたら"C.I.C."の文字、そして" 盃Jammer"の文字がっ!!やべー☆
SPゲストでC.I.C.と低音一家のコラボが生で見れて感激!
めっちゃカッコいいし~!!
他のメンバーがどこにいったかは全然見えなかったけど、ちょこちょこやぁまの高い声が入ってきてた♪
そして"なくなるボーダー皆天の方に"のところで、メンバーが手を上げてた。
兄さんも右手をぐぁーって上げてあおっててちょー!!シビれるほどカッコ良かった!!やばい!!いやぁ~やばいね。
 
ZUNG ZUNG FUNKY MUSIC
ヒロキが「なんかズンズンしてきたぁ」って言いながらジョンを押さえてた(笑)
 
CRAZY BAND
ヒロキはカメラに向かって手で誘ってから倒れこむ。
カメラも、ヒロキをめっちゃなめててウケた。
 
HYSTERIC TAXI
すっかりヒロキのギター姿も板についてきた。
ちょっと弾き方がサンボっぽかった(笑)
 
sunrise
音がすごい良かった。
 
スクリーンの映像が、ひずみのたて線?が入ったモノクロで、カッコ良かった☆
 
U topia
やぁまが暴れすぎて、スクリーンにいきなり入ってきたりしておもしろかった。
  
ヒロキが桜井さんを紹介すると、桜井さんは投げキッス!
ヒロキ「ファイナルだから、やっちゃった(笑)」
涼「やっちゃった」
ヒロキ「まぁ、若干オレンジレンジの平均年齢を上げてるんですけどね(桜井さんはキック音で返事)おぉっ!キックで返してきた!キックで語る男・・・」
  
yumekazeが終わってメンバー退場して、例の映像が流れる。
けっこう反応が良かった。
 
ラヴ・パレード
ヒロキ「今日はコレをきいてあったかい気持ちになるといいなと思います」
ナオトがギターソロで色んな角度から映されてて、カッコ良かった☆
 
涼のパートの"Say Wo! wo!"のかけ合いで、やぁまがすごいシャウトしてて、雰囲気が変わった。
 
涼「もうね、今回のツアースタッフは本当に最高なんですよ。皆、拍手を送ってください。俺が落ちこんだ時も、次の日早いくせに飲みに付き合ってくれて。もう、本当に最高です。もう一度拍手をお願いします。」
 
涼「ИATURALっていうのは、素直になる・自然になるっていう意味なんですけど。辛いことも悲しいことも、すべて認めるっていう・・(涼が泣いてしまう)大丈夫、(とタオルでふいて)だから、キズナで終わっちゃいけないと。俺も今泣いちゃってるけど、最後は笑っていきましょう。スタッフも、そんなコワい顔してちゃダメだよ。」
 
天井から白い風船がわぁーっと落ちてきました。
やっぱりこの歌の力は大きい☆
 
 
追加公演だからかテレビだからか(笑)照明も特別な感じだった☆