読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

live blog

お好きに どうぞ。 △twitter → @a_11t △photo → instagram.com/a__11t

2016.09.30

THE NOVEMBERS

11th Anniversary & 6th Album Release Tour - Hallelujah -

心斎橋Club JANUS 

 


毎度のことながら、始まるまで緊張しすぎて気持ち悪くなる。
割と男性多くて嬉しい。

 

 

THE NOVEMBERS
Hallelujah / 風 / 1000年 / !!!!!!!!!!! / Xeno / 愛はなけなし / ただ遠くへ / 時間さえも年老いて / 236745981 / GIFT / ブルックリン最終出口 / きれいな海へ / 鉄の夢 / dysphoria / Blood Music.1985 / こわれる / 黒い虹 / 美しい火 / en. いこうよ

 

照明が落ちて、深呼吸。
ハレルヤと歌うSEが流れてメンバーが登場。

「来てくれてどうもありがとう。ノーベンバーズ始めます。」

 

Hallelujah
黄色の照明があたたかくて、ふと見た瞬間のケンゴさんがニコニコで、一気に満たされた。
光みたいな曲だ。

 


爽やかな曲。
Hallelujahを走りながら聴く人が多いらしいけど、この曲とかすごく分かる。

 

1000年
イントロのベースで、緑のスポットライトが高松さんを照らす。
その後もベースだけになるたびにスポットライトが当たって、その都度わわー!ってなった。
かっこ良すぎる。
轟音とシャウトに溺れる。

 

曲が進むにつれてお客さんの反応がどんどん大きくなって、3曲目終わりで喝采レベルになって、思わず声を出して笑ってしまった。最高。

 

!!!!!!!!!!!
冷静ではいられなくなるような、血がふつふつと沸くような音の渦。

 

Xeno
続けてこの流れ、ストイックだなと思った。
そういうの大好き。
ドラムがバキバキで凄い。

 

もう5曲終わった…!と速すぎて勝手に焦る。

 

愛はなけなし
今まで爆音だったのに、イントロでスッとこの曲の空気になる。

 

時間さえも年老いて
徐々に熱が上がっていく、私の好きなタイプの曲。
特にドラムがたまらない。

 

236745981

突然だったので、意表をつかれた。

 

この曲の途中で、近くで体調を崩して倒れてしまった方が居た。

個人的には毎ツアーで必ず1人は倒れる方を見る印象…。
倒れる方を責めるつもりは全く無いけど、少しでも辛く感じたら無理せず後ろに下がることも必要。
後、そういう場面に遭遇してしまった時は助け合いが大事。
皆が少しずつ優しさを持ち寄れば、ね。

 


「今まで無かったんですけど、未来のことを考えた時に手の内って変わってくるじゃないですか。例えば明日どうしようって考えた時に今日やることが変わるというか。これからのことを考えて、この曲をやるのが良いじゃんって思ったので、聴いてください(笑顔)」

 

GIFT
うわーー、う、嬉しい。。

 

Hallelujahもトランペットが入っているから、GIFTとリンクするところがあるように感じてて。
歌詞そのままだけどGIFTがドアの前だとしたらHallelujahはドアの外に出たような。

 

小林さんは語りかけるようだったし、ケンゴさんも"おやすみ"って口ずさんでるのが見えて、幸せな気持ちに。
小林さん、声は優しいんだけど眼がとても強かった。
"まだまだ僕らは まだまだこれから"

 

ブルックリン最終出口
まだ"外"に出る前の曲。

 

きれいな海へ
優しくてキレイで、キラキラしてる。

「地獄のような曲をやります(微笑)」
最高の曲フリ。

 

鉄の夢
赤と緑と爆音。
小林さんの舌が巻いてるとアガる。
今日は2回ほどリフのとこで小林さんが叫んでて、それもめっちゃアガった。

 

dysphoria
吉木さんのドラムで皆曲が分かって歓声が上がる。
凄い熱狂。

 

Blood Music.1985
小林さんの挑発に、お客さんが腕を挙げてこたえる。

 

こわれる
予想外!という反応で更に盛り上がる。

黒い虹
そして畳み掛ける。
本当にストイックなセットリストだな。
小林さんと高松さんの声の絡みが凄く良かった。

 

「もう早いもので次が最後の曲です(お客さん えー!!)・・(反応に少し驚きつつ)・・うん、11年に比べたら早いですよね。でも、僕達もあなたもこれからなので。また会えるじゃないすか。(胸に手を当てて)僕らはザ・ノーベンバーズというバンドでした。」
まさかノベンバでこの反応が起こると思わなかった。
しかも小林さんの返しが上手くて微笑んでしまう。


「最後に、Hallelujahの中で特別な曲をやります。」

美しい火
小林さんの声が少しかすれていてファルセットがあまり伸びず…。
歌詞も間違えてたと思う。
特別な曲と紹介しただけに少し残念だったな。

 

アンコールで、ケンゴさん吉木さん、高松さん、小林さんの順に出てくる。


「アンコールありがとう。」
「11年やってると、色んな人から声をかけてもらうんですけど。去年は10周年だったから沢山の人からおめでとうと言ってもらえて。でも今までのことを振り返った時に、もっとすごいところに行きたいなと思ったんですよね。普段(メンバーと)そんな話はあまりしないですけど、すごいところに行けるって僕らが誰より信じてるんで。Hallelujahも、最高傑作だって思ってたんですけど、通過点でした。ちょろいっすわ(満面の笑みにお客さん喝采)。だから、行きましょう。」

興奮で細かく覚えていないのだが、こんな感じだった。

 

いこうよ
小林さんの声がとても力強くて、心ごと持っていかれそうな気がした。

 

MCも相まって感動しかなかった。
ステージの上で未来について明言したこと無かったから、色々思って、少し涙出た。
小林さんの言葉は信じられるから。
"いこうよ"

 

「次会う時まで元気で!」

 

 

THE NOVEMBERSツアー初日、大阪終了。
いざ始まると本当にあっという間で、まばたきするのも惜しく感じた。
そしてきっと小林さんの髪型の影響なんだけど、昔のライブの記憶と重なる瞬間が多くて感慨深かった。

 

あなたを愛したいだけ、やらなかった。
何故だろう。

 

ノベンバのライブは見るというより受け取るっていう感覚が強くて。
今日も改めてそう感じた。

今日の小林さん、強い、良い眼をしていたな。

 

色々と出しきれていないように感じる部分もあり、初日らしい(といったら語弊があるけど)初日だなと思った。


初日を見て、ますますコーストが楽しみになった。

11/11新木場へ、いこうよ。

特別な年の特別な日のライブ。

2016.09.25_2

THE NOVEMBERS 6thアルバム『Hallelujah』発売記念 小林祐介アコースティック・ライヴ&サイン会
 
 
お客さん同士で番号を見せ合いながら順番に整列するという、少し懐かしいスタイル。
渋谷も男性率高い。
何度か前に詰めるようにアナウンスされる。
沢山来ているのかな~。イイネ。
 
 
【小林祐介
風 / 愛はなけなし / 最近あなたの暮らしはどう / 田舎の生活(スピッツカバー) / あなたを愛したい / 美しい火
 
スタート前に開始のアナウンスと共に「温かい拍手でお迎えください」と促され拍手。
 
「今日は来てくれてありがとうございます。短い時間ですが、最後まで楽しんでください。」
 
1曲目が横浜と違う!ってまず思った。
ギターの音は力強く、歌声は優しい。
 
愛はなけなし
弾き語りでやってくれると思わなかった。
でもこの曲は弾き語りでも雰囲気が変わらない。
 
「多分、日本で一番僕らのCDを売っているのが渋谷のタワレコで。最初に店頭に置いてもらったデビュー作の中から1曲やります。」
 
最近あなたの暮らしはどう
1日に2回聴けるって贅沢だなぁ。
 
「次やる曲はカバーで、たまにやるスピッツの"田舎の生活"と言う曲を聴いてください。」
 
田舎の生活(スピッツカバー)
この曲のカバーもすごく好きなので嬉しい。
歌詞そのまま、風景が浮かんでくる。
しかもいつも小林さんが主人公。
 
「田舎の生活という曲でした。」
「僕はご存知の通りTHE NOVEMBERSというバンドを普段やっているんですが、11月11日に新木場スタジオコーストでワンマンをやります。今までで一番美しいというか、かっこ良いライブになると思うので、縁があったらそこで会えたら嬉しいです。(一瞬間をおいて) 僕はご存知の通りTHE NOVEMBERSというバンドを普段やっているんですが、11月11日に新木場スタジオコーストでワンマンをやります。今までで一番美しいというか、かっこ良いライブになると思うので・・・(恐らくエフェクターでループしている笑)・・・大事なことなので2回言いました(笑)・・・ 僕はご存知の通りTHE NOVEMBERSというバンドを ・・・(ここから倍速にしたり、逆再生したりして遊び始める笑)・・・ははは(笑)いや、ノーベンバーズを知らない方もいると思うので、面白いことやってたなって覚えてもらえたらと思って。」
 
あなたを愛したい
遠くまで伝わるように、言葉が前に出てくるような感じだった。
 
「次の曲で最後になるんですけど。渋谷のタワレコでCDを手に取ってくれてありがとうございます。…遠くにいる人(CDを買っていない人)も聞いていることを前提で話しますけど、今ここでこうして聴いているのはたまたまではないので。またどこかで会えたら嬉しいです。ありがとうございました。」
偶然ではなく運命、ってことなんだなーと思ってにんまりしてしまう。
 
美しい火
聴けば聴くほど美しい曲。
気付くと頭の中をループしていることが多い。
 
 
あっという間に終わってしまった。
が、すぐさまサイン会の案内に切り替わり、整列が始まる。
パッと見ただけでも200人弱いたような気がする。
 
小林さんと話していると心が穏やかになる。
色んな無駄なものが落ちた気がする。
ちょっと泣きそう。
握手した手が熱い。

2016.09.25_1

THE NOVEMBERS 6thアルバム『Hallelujah』発売記念 小林祐介アコースティック・ライヴ&サイン会
タワーレコード横浜ビブレ店
 
 
地下階だけど、外からの入口の近く。
ロールカーテンを下ろして即席のイベントスペースになってる。
勿論店内ではHallelujahリピート中。
 
12:00スタートだったけど直前までリハをしていて12:00から優先入場の列を作っていた。
ていうか男性率高い。いいね。
 
 
【小林祐介
無題(カバー) / 最近あなたの暮らしはどう / 風 / 水の影(松任谷由実カバー) / あなたを愛したい / 美しい火
 
「改めまして、ノーベンバーズの小林祐介です。今日は早い時間からありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いします。」
 
無題
いきなりカバー(笑)
いや、いいんです。この曲も好きなので。
 
「あの…マイクスタンドが落ちてきやすいので、最前列の方は倒れてきたなと思ったら率先して直してください。シフトを組んで(微笑)」
「Hallelujahのインストアなんですけど、Hallelujahの曲は、後でやります(お客さん 笑)」
 
最近あなたの暮らしはどう
"今すぐここで年をとるのやめたいと思った"
改めて良い曲だなとしみじみ。
 
最初に聴いたのが弾き語りだったので、こちらの方が聴き馴染みがあったり。
バンドだと疾走感があるから本当に風みたいだなって思う。
 
「次は、よくやっているんですけど、ユーミンの"時のないホテル"というアルバムに入っている"水の影"という曲をやります。多分売っていると思うので、良かったら買ってください。」
 
水の影(松任谷由実カバー)
久しぶりに聴く。
小林さんが歌うカバーは優しいな。
時間がゆっくり流れるような感覚。
 
「制作をしている時にこの水の影という曲を、ずっと聴いているんですけど、よく聴いていて。ユーミンと、あとチャゲアスですね。チャゲアスASKAさんのソロかな。だからHallelujahにもその影響が、多分聴いたら『あぁやはり』と思うと思います(笑)…あの、よくラルクの影響を受けているとか、さも自分が発見したみたいに書かれたりするんですけど。自分で言ってるんで。ラルクで育ったって言ってるじゃないですか。」
このあと小林さん笑いながらめっちゃ毒吐きまくってた。笑
忘れてくださいと言っていたので割愛。
 
あなたを愛したい
声に引き込まれるようで、1曲がすごく長く思えた。
 
「次で最後の曲なんですが、この後サイン会があるので便宜上、一度引っ込みます。タワヨコは昔からとてもよくして頂いていて、お世話になっているお店の一つです。(お客さんは)最寄りで来ているかもしれませんが、ここでHallelujahを手に取ってくれて嬉しいです。…11月11日に新木場スタジオコーストというところでワンマンをやります。今までで一番、かっこ良いライブになると思います。チケットもあるので、もし気になったらそこで会えたら嬉しいです。」
 
美しい火
メロディがキレイで、小林さんのファルセットが響く。
 
「ありがとうございました。」
立ち上がり、お辞儀をしてはけていく。
 
サイン会の様子をチラ見してから、渋谷へ・・・。

2015.11.15

10th Anniversary TOUR -Honeymoon-
池下UPSET
 
 
THE NOVEMBERS
クララ / バースデイ / chernobyl / 心一つ持ちきれないまま / 裸のミンク / dnim / 鉄の夢 / 236745981 / marble(demo ver) / エメラルド / 出る傷を探す血 / Blood Music.1985 / Xeno / Misstopia / きれいな海へ / en.今日も生きたね
 
クララ
今までこの曲は紫の照明だったような気がするけど、今日は紫のグラデーションになっててキレイだった。
 
バースデイ
4人にスポットライトが当たって、それが凄く良いなぁって思った。
 
chernobyl
心一つ持ちきれないまま
 
裸のミンク
沢山の色の照明を使っているのに全然うるさくなくて、オーロラみたいでキレイだった。
聴けば聴くほど色気というか艶のある曲だと思う。
 
dnim
確かこの曲で、小林さんが最初にギターを鳴らすタイミングでステージの天井から真っ赤に染まり始めて、イントロのギャーン!で赤一色になった。
それが凄く良かった。
 
鉄の夢
福岡の時もだったけど、"裁断していく"を"すゎぁいだんしていく"って発音してた。
ケンゴさんが獅子舞のように頭をぐるぐると回す。
 
236745981
今日もアウトロ長め、締めの音がまるで怪物が鳴いたみたいな凄い音だった。
 
「ノーベンバーズです。今日は来てくれてどうもありがとう。」
 
「じゃあ、ノーベンバーズの一番最初の曲を聴いてください。」
 
marble(demo ver)
ケンゴさんのギターリフがキレイ。
水面みたいな照明も素敵だった。
 
エメラルド
この時も、エメラルド一色だけじゃなく青とのグラデーションの照明で美しかった。
 
出る傷を探す血
音が鳴った瞬間、ゾクゾクしてしまうほどカッコ良い。
高松さんもこの曲の時はスイッチが切り替わってるように見える。
髪をピッとはらう感じ。
 
曲が終わっても拍手ひとつ起こらずシンと静まり返るフロア。
福岡と同じだ。
 
Blood Music.1985
終盤の、徐々に音が重なっていくところで高松さんが弾き始める時の腕の振り方が力強かった。
 
Xeno
 
Misstopia
やっぱりケンゴさん笑ってた。
高松さんが口ずさんでた。
 
「次で最後の曲です。」
 
きれいな海へ
 
「アンコールありがとうございます。(ギターを持ち上げて)この白いギター、中学生の時にお父さんからもらったギターなんですよ。このツアーで一緒に連れて回ろうと思って。きっとお父さんも喜んでると思うし。多分、ギターをやらせようと思って家に置いていたんじゃないと思うんですよね、趣味だし。でもこのギターに出会ってなかったら僕の人生は全然違ったかもしれないですよね。…今回10th Anniversaryと銘打ったツアーなんですけど、"10年間やってきたぜ"っていう気持ちはなくて、気付いたら10年経ってて。10年続けてやろうと思ってやってないし。でも今日こうやってここに立てて、あなたに会えて。自分の楽しみのために来てると思うんですけど、自分のためにやっていたことが結果的に誰かのためになることが・・・うーん、なんか単純に『ありがとう』の5文字でいいじゃんって感じですね(苦笑)何か新しい表現で言おうとしてみたんですけど。」
 
今日も生きたね
 
「ありがとうございました。また、次会う時まで元気で。」
 
 
全体に、ふわっとした柔らかい照明で、グラデーションっぽく色んな色で表現するのが得意なのかなぁと思った。
 
今日はほぼほぼ高松さんしか見えなかった。
でも麗しい高松さんをたっぷり見られて嬉しかった。
 
 
11月ももう半分終わり。
今日は男性のお客さんが多かった。
照明に注目して見てたんだけど、色だけでなく空間演出だなぁと思った。
ライブは今日も見れて良かったし、最高だった。

2015.11.13

10th Anniversary TOUR -Honeymoon-
福岡BEAT STATION
 
 
高架下なので、静かにしてると電車の通る音がゴトンゴトンと響く。
 
 
THE NOVEMBERS
クララ / バースデイ / chernobyl / 心一つ持ちきれないまま / 裸のミンク / dnim / 鉄の夢 / 236745981 / marble(demo ver) / エメラルド / 出る傷を探す血 / Blood Music.1985 / Xeno / Misstopia / きれいな海へ / en.今日も生きたね
 
 
クララ
小林さんと高松さんの声のハーモニーが本当にキレイ。
 
バースデイ
 
chernobyl
高松さんのベースを弾く手を見つめる。
 
心一つ持ちきれないまま
イントロが、とてもカッコいいなぁと。
小林さんと高松さんは、特にアイコンタクトもしていないのに音の流れるタイミングもピッタリで、この2人にしか出せないグルーヴを感じた。
ちょっと小林さん声が辛そうな瞬間があった。
 
裸のミンク
高松さんがベースを弾く前にタタンッと吉木さんがきっかけつくってた。
今までそれは無かったような。
 
dnim
イントロの小林さんのギターからバキバキ。
サビのシャウトのところ、マイクにディレイかけててより鋭利な感じになってた。
 
鉄の夢
"ほんの少しの足の踏み場も無いな (ギター:ギャーーン!!)" が絶妙すぎてにやにやが止まらなかった。
 
236745981
今日もアウトロは長め。
 
「ノーベンバーズです。今日は来てくれてどうもありがとうございます。」
 
「17歳の時に作った曲を聴いてください。」
 
marble(demo ver)
 
エメラルド
 
出る傷を探す血
スラップ直前までピック使ってるからいつ切り替えるのかなと思って見てたら多分手に持ったままスラップしてるっぽい。
手にピック持たなかったらもっと大胆に弾けたりするんだろうか。
ドラムも少し見えて良かった。
 
Blood Music.1985
 
Xeno
ケンゴさんのネックの上の方をキーンとやる音が結構大きくて、気になった。
小林さんも一瞬歌詞間違えてたような…。
ラストの大轟音にいく前に一度ダーンと音を鳴らす4人が「さてこれからエンジンかけるぞ」的な肩慣らし感があってワクワクした。
 
Misstopia
ケンゴさんが笑ってるように見えた。
いつも、この曲の時は優しい顔で弾いてる。
 
「次で最後の曲です。」
 
きれいな海へ
ベースラインが素敵。
音が踊ってる。
 
「(ケンゴさん、小林さんだけ出てくる。)アンコールどうもありがとう。・・後の2人は反抗期なので後から来ます。…(暫くしてから、吉木さん、高松さんが出てきて拍手が起こる)…(電車が通過する音が響く)…静かだと、こういうノイズも聞こえてきますね。例えばこういうノイズが好きな人っていうのは(他の)人よりも1つ、美しいものを知っているんですよね。…これ、何ていう線ですか?(お客さん答えるも聞き取れなかったらしく)銀河鉄道999?(笑)」
 
「今回のツアー、10th Anniversaryっていう冠がついているんですけど。たかが10年なんですけど、10年活動していると、あまり好きじゃないですけど立ち位置とか、色んな人から言ってもらえるじゃないですか。…10年間、敵をつくらずにいることはとても簡単だったんですけど、…"いい人"っていうのは"どうでもいい人"にもなるんですよね。どうでもいい人って思われるくらいなら… 僕は何を話しているんでしょうね(困笑)。最近僕イライラしてて。うん…本当にイライラしてて。このナメくさった連中を…1人1人、1バンド1バンド、1地域1地域、皆殺しにしてやろうと思って。若い頃はそうだったんですよね。全員皆殺しにしてやろう、みたいな。いや、悪いことなんですけどね。…でも、"10周年記念だせ、イエイ!"っていう気持ちは全然無くて。10年間やってきて、僕は何も残せてないんじゃないかなって思って。福岡に来る前日って色々考えるんですよね。前もそうだったんですけど。(再び電車が通過)ふふ、ノイズも祝福してくれてますね。『やれやれだぜ』って。…とにかく、今日ここに来てくれて本当にありがとうございます。っていう気持ちを込めて最後に1曲やります。ありがとうございました。」
 
後半は、なんでそんなこと言うんだろうって悲しい気持ちしかなかったけど小林さんは嬉しそうというか笑顔で話してた。
でもきっと小林さん後で落ち込むんじゃないかと心配になった。
 
今日も生きたね
あんなMCの後に"素晴らしい日々"って歌うから、なんだか悲しくなって涙がにじんできた。
高松さんのベースがフォローするみたいに優しくて素敵だった。
 
「次、また会う時まで元気で。」
 
力強く話して去っていく小林さん。
腕をあげてお辞儀する高松さん。
 
ダブルアンコールを求める拍手が止まなかったけど、終演のアナウンスが入り改めて拍手が起こった。
さすがにあの感じからダブルアンコールは無いだろうなと思った。
 
 
Eleganceという作品を作る時にも音を重ねすぎずシンプルに、余白を意識したと色んな場で離していたけど、ライブでも余韻というか間をたっぷりとっているように感じた。
だからか、"贅沢"という言葉が合う気がする。
 
中盤くらいからお客さんが曲終わりに拍手をしなくなる瞬間があった。
「空気を壊しちゃいけないと思って音出せなかった」と話している人もいた。
ノベンバならではの、独特の空気。
 
10周年記念って大きな節目のお祝いだけど、誕生日みたいなものだと思う。
THE NOVEMBERSを結成したこと、4人が4人のままで10年間活動を続けてきたことのお祝い。
単純にバンドの存在を祝福すること。
私はライブを見るたびに祝福してるし、感謝してる。
今日も見れて良かった。